綱島の美容院に行った

弱いところだが、守らなければいけないところに人間の毛は生えてくるというのだけれど、そういう意味では頭髪が生えてくるのも納得がいく。
しかしながら、その頭髪は定期的に切るなりセットするなりをしなければならず、そのことに頭を悩ませることとなり、自分を守るための存在に頭を抱えることになったりもするというのがなんとも皮肉な話である。
そんなわけで、数か月ぶりに綱島の美容院に足を踏みいれたわけだが、毎回このタイミングが一番緊張する。
その理由は、必ず「今日はどうしますか」と訊かれるからだ。
どうしますかもなにも、切ってほしいから足を運びに来ているわけで、別に談笑しに来ているわけではない。
しかし、そんなことをたまたまついてくれた美容師さんに言っても仕方がないので、いつも「すいてください」程度しか言わない。
それで、ある程度外を歩ける程度には髪の毛が整うので、まあこれはこれでいいかと思っている。
男だったら、いずれ整える髪の毛すらなくなってしまうのだと思うと、他人事ながらいたたまれない。
まあ、その分女性はお手入れが大変だけど。